EDITH エディット ピアフ

シャンソンを聴くことも、自分で唄うことも大好き。大好きなシャンソン歌手はもちろんエディット ピアフ。決して透明感のあるような美声ではなく、心のうちを搾り出すような表現力で唄を唄う。技術やらではなく、いつか私もこんな風に唄を唄うことができるだろうかなんて思う。その人の生き様だったり、心の持ち方だったりすると思う。「愛の讃歌」にまつわるピアフのエピソード。大切な人を大切だと思いきる強さ。恋や愛だとかいう言葉でなく、ただただその人を思う。
その人に良かれと思うことが自分にできるだろうかと願う。私が思う大切な人に。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック